株式会社TAKUMI > 株式会社TAKUMIのスタッフブログ記事一覧 > 中古物件のフルリノベーションとは?メリットと費用目安を知ろう

中古物件のフルリノベーションとは?メリットと費用目安を知ろう

≪ 前へ|急なテレワークも安心!リノベーションで在宅勤務用のスペースをつくろう   記事一覧   自由設計の玄関はどうつくる?シューズクロークのメリットとデメリットとは|次へ ≫

中古物件のフルリノベーションとは?メリットと費用目安を知ろう

中古物件のフルリノベーションとは?メリットと費用目安を知ろう

最近注目されている「フルリノベーション」というものをご存じですか?
フルリノベーションとはリフォームや一般的なリノベーションと異なり、中古物件にさまざまなメリットをもたらしてくれます。
では具体的にフルリノベーションとはどのようなものなのでしょうか?
メリットとデメリット、目安の費用とともにお伝えするので、中古物件を購入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古物件におけるフルリノベーションとは?

中古物件におけるフルリノベーションとは?

まずは中古物件におけるフルリノベーションとはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。
フルリノベーションとは、中古物件の間取りを変更したり、建物の内装を取り壊したり、一般的なリノベーションより大きな改修工事をおこなうことです。
そもそもリノベーションとは、中古物件の持つ価値にプラスして、新しい価値を生み出すことを指します。
リフォームは傷んだところや劣化したところを修繕し、新築のような状態に戻すため、マイナスからゼロの状態に戻すのが特徴です。
その一方リノベーションとはゼロからプラスの状態へ仕上げるため、資産価値の向上にもつながります。
リフォームは「もとに戻す」、リノベーションは「つくり変える」という風に覚えておくといいでしょう。
また中古物件の内装を取り壊すことを「スケルトン」や「フルスケルトン」と呼びます。
スケルトン状態にしてからリノベーションをおこなう場合は、フルリノベーションに該当するでしょう。
さらに中古物件は新築時の家族構成やトレンド、使い勝手に合わせて建てられています。
時代の流れとともに家族構成や使い勝手も変化してくため、中古物件を購入する場合、今の暮らしやライフスタイルに合わせてフルリノベーションするのがおすすめです。

中古物件をフルリノベーションするメリットとは?

中古物件をフルリノベーションするメリットとは?

次に中古物件をフルリノベーションすると、どのようなメリットとデメリットが生じるのでしょうか?

フルリノベーションのメリット

中古物件におけるフルリノベーションのメリットは、以下の通りです。

希望の立地を選べる
中古物件を購入してフルリノベーションするメリットは、希望の立地にマイホームを持てるという点です。
注文住宅を建てる際、一般的には土地探しからはじまります。
予算や立地など、希望条件に合わないケースも多く、土地探しが長引いてしまうこともめずらしくありません。
「駅から近い」「学校やスーパーが近い」といった人気エリアの場合、すでに住宅が建っているため、新しく購入できる土地が少ないのもデメリットです。
中古物件であればそのような人気の土地を購入でき、理想のマイホームを手に入れられるかもしれません。
フルリノベーションすれば、新築同様の設備や仕様になるので、条件に合った土地がなかなか見つからない場合は、ぜひ中古物件も検討してみてください。

自由に設計できる
中古物件にそのまま住んだり、リフォームしたりするより、自由度の高い設計をおこなえるのもメリットです。
先ほどもお話ししましたが、中古物件は新築当時のライフスタイルに適した設計になっています。
築年数の経過している家ですと、段差が多かったり断熱材が少なかったり、現代の生活には不向きなのがデメリットです。
フルリノベーションで間取りなどを一から設計すれば、新築の注文住宅のような仕上がりを期待できます。
「注文住宅を建てたいけれど条件に合った土地がない」という方にも、中古物件のフルリノベーションはおすすめです。

固定資産税をおさえられる
固定資産税をおさえられるのも、中古物件をフルリノベーションするメリットです。
固定資産税とは不動産(土地や建物)を持つ方に課税される税金で、不動産の価値に応じて金額が決定します。
新築時がもっとも高く、年々安くなっていくのが特徴です。
そのため中古物件そのものを取り壊して新築すると、固定資産税がもっとも高い状態で課税されてしまいます。
しかしフルリノベーションなら築年数がリセットされないので、安くおさえられるのです。
毎年発生する固定資産税をおさえられるのは、大きなメリットではないでしょうか?

建築コストもおさえられる
新築の注文住宅という時点で、建築コストが高くなりがちです。
最近は住まいへの考え方も変わってきていて、あまりお金をかけたくない方が増えています。
中古物件なら新築より安い価格でマイホームを手に入れ、現代のニーズにマッチしているのがメリットです。
予算が限られている方や、建築コストをできるだけおさえたい方は、フルリノベーションを検討してみてください。

フルリノベーションのデメリット

次にデメリットを見ていきます。

購入時には把握できなかった不具合が見つかる
中古物件をフルリノベーションするデメリットとして、購入時にはわからなかった不具合が生じることです。
先述した通り、フルリノベーションする際にはスケルトン状態にするため、最初に内装の取り壊しをおこないます。
その際「地中に埋まっていた配管が思った以上に劣化していた」「構造上希望の間取りにできなかった」など、想定外の事態が起こりやすいのです。
中古物件の場合、目に見えない場所が劣化していることが多いので、購入時は注意してください。

住宅ローンは使用できない
フルリノベーションで中古物件を購入する際、住宅ローンが使えないのもデメリットです。
その代わりにリフォームローンというものが使えるのですが、住宅ローンに比べて金利が高くなります。
返済の総額が大きくなってしまうので、頭金を多く準備するなどの工夫が必要です。

中古物件をフルリノベーションするとどのくらいの費用がかかる?

中古物件をフルリノベーションするとどのくらいの費用がかかる?

では中古物件をフルリノベーションすると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
一般的な費用は以下の通りです。

中古一戸建て:500万円から2,000万円

中古マンション:300万円から1,000万円
一般的にマンションに比べて一戸建ては床面積が広くなるため、そのぶん費用も高くなります。
採用する素材や機能性の高さ、グレードによって費用が異なるので、上記は目安費用としておさえておくといいでしょう。

中古物件をフルリノベーションする際の坪単価

中古物件をフルリノベーションする場合、目安となる坪単価は1平方メートルあたり7万円から23万円です。
そのため50平方メートルの中古物件をフルリノベーションする場合は、400万円から800万円を見積もっておくといいですね。

費用の内訳は?

フルリノベーションで発生する費用の内訳は、以下の通りです。

●ドアや壁の撤去:一か所8万円から22万円
●ドアや壁の新設:一か所7万円から34万円
●キッチンの新設:60万円から150万円
●バスルームの新設:60万円から150万円
●トイレの新設:20万円から30万円
●洗面所の新設:20万円から60万円
●和室から洋室への変更:20万円から100万円
●ウォークインクローゼットの新設:一か所20万円から70万円
●断熱工事:30万円から130万円
●耐震工事:35万円から200万円
●外壁塗装:50万円から200万円
●外壁張り替え:150万円から250万円


中古物件をフルリノベーションする際は、室内だけでなく外壁や屋根の工事も必要です。
ドアや間仕切りの撤去をはじめ、水回りや収納スペースの新設も必要になります。
予算内でどこまでできるのか、業者と入念な打ち合わせをすることが大切です。

まとめ

この記事では中古物件におけるフルリノベーションとはどのようなものか、メリットとデメリット、費用の目安を詳しくお伝えしました。
中古物件のフルリノベーションにはさまざまなメリットがあると同時に、デメリットも生じます。
両者をおさえたうえで、満足度の高いフルリノベーションをおこなってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|急なテレワークも安心!リノベーションで在宅勤務用のスペースをつくろう   記事一覧   自由設計の玄関はどうつくる?シューズクロークのメリットとデメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TAKUMI
    • 〒192-0072
    • 東京都八王子市南町7-7
    • 0120-910-265
    • TEL/042-686-2610
    • FAX/042-623-0487
    • 東京都知事 (1) 第103081号
      東京都知事許可(般-28)第145868号
  • Instagram
  • リノベーション施工事例
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2021-05-10
    ライオンズマンション大和の情報を更新しました。
    2021-05-10
    アデニウム玉川学園の情報を更新しました。
    2021-05-10
    若葉台団地1-1号棟の情報を更新しました。
    2021-05-10
    フローレンスパレス中山の情報を更新しました。
    2021-05-10
    グリーンハイツ大和の情報を更新しました。
    2021-05-10
    クイーンズフィールドひばりが丘ガーデンテラスの情報を更新しました。
    2021-05-10
    ジェイパークヒルズ聖蹟桜ヶ丘の情報を更新しました。
    2021-05-10
    シャルム新百合ヶ丘B棟の情報を更新しました。
    2021-05-10
    エンゼルハイム藤崎第2の情報を更新しました。
    2021-05-10
    高尾パークハイツA棟の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る